アクティブコア、商品・識別番号のないコンテンツから自動推奨するアルゴリズムを提供

レコメンドASPサービス「ac propoza」の新版、企業間取引に対応

行動ターゲティングソリューションのアクティブコアは、同社のレコメンドASPサービス「ac propoza(エーシー・プロポーザ)」の新版として、商品番号や識別番号を持たないコンテンツに対してURLから関係性を判別し、サイト訪問者の好みに合ったコンテンツやPDFファイルを自動的に推奨する新しいアルゴリズムの提供を10月1日に始める、と9月29日発表した。初期費用21万5000円、月額15万7500円から。

企業間取引では、一般的なECサイトの商品とは異なり、商品番号や識別番号を持たないため、従来のレコメンドエンジンでは自動推奨が容易ではなかった。今回導入する新アルゴリズムは、コンテンツのグループの識別や関係性をURLから判断し、関連性の高い商品カタログや事例、仕様書などを自動推奨。サイト訪問者の利便性を高め、成約につなげる。

アクティブコア
http://www.activecore.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]