アイレップ、「iPhone/iPadユーザ Webサイト内動向調査レポート」を発表

PCユーザと比較して閲覧ページビュー数が少なくなるなど、異なる利用傾向を示した
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、iPhone/iPadのユーザがWebサイト内でどのような動向を示すかを調査した「iPhone/iPadユーザ Webサイト内動向調査レポート」を9月15日に発表した。

調査は、対象サイトのアクセスを導入したGoogle Analyticsによって、iPhoneとiPadによるセッションをセグメント化して集計。調査結果から、全セッション数におけるiPhone/iPadが占める割合はiPhoneが1.40%、iPadが0.52%であったが、情報通信系サイトではこの割合が突出して高くなるなど、業種によって違いが見られた。また、閲覧ページビュー数はPCユーザと比べると少なく、滞在時間も短い傾向があることがわかった。ただし、業種によってはiPadユーザの滞在時間がPCユーザを上回る場合もあり、Webサイトの内容によっては、落ち着いた場所でじっくりと情報閲覧するなど、従来のモバイル端末とは異なる利用が感じられるという。

iPhone/iPadでは、WebブラウザのSafariを利用してPC用サイトをそのまま閲覧できるが、画面サイズの大きさや機能的な制限、高い携帯性から、外出先での利用など、従来のPCとは異なるシチュエーションでの利用が想定される。本調査では、こうしたサイト内行動の傾向を明らかにし、デジタルマーケティングを展開していくための基礎データとしての活用を見込んでいる。

プレスリリース
http://www.irep.co.jp/press/release/2010/0915-571.html

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]