ロックオン、ネット広告効果測定「アドエビス」で複数代理店権限機能を提供

1つのアカウントで広告代理店別にデータの閲覧・操作権限を設定可能

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社のインターネット広告効果測定サービス「アドエビス」で、複数代理店(エージェント)権限機能のオプションを8月2日提供開始する、と7月23日発表した。複数の代理店と取り引きしている大手広告主が対象。1つのアドエビスのアカウントで複数の権限設定を可能にする。

 データの閲覧・操作権限を広告代理店別に設定でき、代理店の間でのデータ共有はない。管理者権限では、代理店ごとのデータを合算した形で閲覧が可能。エージェント権限ごとに月額1万円(税別)と、権限ごとに広告クリック数に応じた料金が必要。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]