コンセントが「IA/UX認知度調査」発表、Web業務関係者のIA/UX認知度は約3割

IA、UXの認知時期は「ここ1年ぐらい」が最も多く、ここ最近になって認知が広がってきたことがわかった

Webサイト構築のコンセントは、同社が2009年8月26日から8月27日にかけて行った「情報アーキテクチャ(IA)/ユーザーエクスペリエンス(UX)認知度調査」の結果を、同社の研究発表サイトで公開した。

同調査は日本国内において、この分野でのレポートがあまり見られないことから、コンセントがインターネットリサーチの形式で実施したもの。調査対象は、全国で業務でWebに関与している、20歳以上の会社員、経営者・役員の男女で、有効回答数は186。

調査によると、「IA」「UX」という言葉について知っているかどうかの質問で、「知らない」「あまり良く知らない」という回答が約7割にも上った。「知っている」と回答したのはどちらも3割未満。「IA」「UX」は、欧米では企業側に専門部署や専任担当者として置かれるケースが多いが、日本ではWeb業務に関わる人の間でも、まだ言葉自体があまり認知されていないことがわかったという。

また、「IA」や「UX」という言葉を知ったのはいつ頃かという質問では、「ここ1年ぐらい」という回答が6割を超えた。3年以上前から知っていると回答した人は、「IA」では13.9%、「UX」では8.5%と、最近になって注目されてきたことがわかった。

「IA」と「UX」の認知について
株式会社コンセント「情報アーキテクチャ(IA)/ユーザーエクスペリエンス(UX)認知度調査」

情報アーキテクチャ(IA)/ユーザーエクスペリエンス(UX)の認知度調査
http://www.concentinc.jp/labs/2010/04/ia-ux-survey/

コンセント
http://www.concentinc.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]