GMO-SCとGMO-HS、統合パッケージ「ハイアベイラビリティ(HA)DB基盤構築サービス」開始

データベースサーバーのHAクラスタ・システム構築・運用とDRBDのサポートを提供
よろしければこちらもご覧ください

ウェブシステム受託開発のGMOシステムコンサルティング(GMO-SC)とホスティングサービスのGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、データベースサーバーのHAクラスタ・システム構築・運用と、ネットワークを介して自動的にリアルタイムでデータを複製保存するシステム、DRBDのサポートを含めた統合パッケージサービス「ハイアベイラビリティ(HA)DB基盤構築サービス」を3月15日提供開始した、と同日発表した。初期費用88万8000円、月額42万円。

GMO-SCの受託開発プロジェクトとして実施。GMS-HSのホスティングブランド「アイル」のマネージドホスティングサービス「<コア>マネージド・サービス」を使い、通常のウェブサーバーに加えてDRBDを利用したHAクラスタ・システムをGMO-SCが構築。アイルが運用を代行する。システム開発、保守・運用はGMO-SCが窓口になる。HAクラスタ・システムは、複数台のサーバーを使用することで冗長化し、万一のシステム稼働停止時間を最小限に食い止めるシステム構成。

GMOシステムコンサルティング
http://www.gmo-systemconsulting.com/

GMOホスティング&セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]