GMO-HS、マネージドホスティングで「ケータイロードバランサー・サービス」提供開始

携帯サイト特有の問題を負荷分散装置で防止するソリューション

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、同社のマネージドホスティングサービスで「ケータイロードバランサー・サービス」を2月17日提供開始した、と同日発表した。携帯サイト特有のレスポンス遅延や回線の途中切断などの問題をロードバランサー(負荷分散装置)で防止するソリューションサービス。マネージドホスティングで携帯サイトを開設するユーザー向けに提供する。

マネージドホスティングサービスは、同社のホスティングブランド「アイル」の専用サーバーの保守管理、機器設定、設置を技術者が代行するサービス。ロードバランサー機能の導入には設定、運用管理などの知識が必要だが、ケータイロードバランサー・サービスはアイルの担当者が機器の購入、設定・運営を行うため、ユーザーは対象サーバーを用意するだけですみ、コスト負担を抑制できる。最大同時接続数は2万セッション。初期費用20万7900円、月額9万9750円。

GMOホスティング&セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

アイル
http://home.isle.ne.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]