電通、ボタンを押すだけで次々にサイト閲覧できるエンジン「gururin」をテスト公開

ザッピング感覚で受動的に閲覧できるエンジン、実験に参加するユーザーを募集

電通は、キーワード入力しなくても操作パネルのボタンを押すだけで次々にサイトを閲覧できるサービス「gururin(ぐるりん)」をユーザー限定でテスト公開する、と2月4日発表した。2月5~8日に実験に参加するユーザーを募る。gururinは、リモコンでテレビのチャンネルを切り替えながら視聴する行為のザッピング感覚でサイトを受動的に閲覧できるエンジン。テストでユーザーの評価を調査・分析し、本格運営を開始する予定。

gururinでは、注目されている話題や人気のあるサイトを自動収集し、ユーザーによるサイトのレコメンド情報を加えて閲覧対象にするサイトのリストを構築。収集したサイトそれぞれにスコアを付け、関連する複数のページをまとめたトピックスを作成する。ユーザーは、キーワード入力という能動的な検索では知り得なかった興味や関心を呼び起こすサイト情報に偶然出会うことが可能になる。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

gururin
http://gururin.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]