JPRSが指定事業者による連携組織「JPRSユーザー会」を設立

会長にはインターネットイニシアティブの鈴木幸一代表取締役社長が就任

日本のドメイン管理とDNS運用のJPRS(日本レジストリサービス)は、指定事業者による連携組織「JPRSユーザー会」を12月21日に設立した、と同日発表した。同会は、JPRSの指定事業者として立場を共有する事業者が集い、ドメイン名とDNSに関する情報交換を行い、会員相互の研鑽、日本のドメイン名事業とドメイン名市場を健全な方向に発展させることを目的に設立された。同日開催された第1回総会と第1回理事会ではNECビッグローブ代表取締役執行役員社長の飯塚久夫氏をはじめ6名の理事が専任され、会長にはインターネットイニシアティブ代表取締役社長の鈴木幸一氏が就任した。

JPRS(日本レジストリサービス)
http://jprs.co.jp/

JPRSユーザー会
http://jprs-users.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]