ユーザーローカルがアクセス解析ツール「User Insight」をバージョンアップ、提供開始

広告管理・コンバージョン機能を大幅に追加、ユーザー属性と連動可能に

アクセス解析ツール開発のユーザーローカルは、ページ閲覧時の振る舞いを視覚的に調査できるWebアクセス解析ツール「User Insight(ユーザーインサイト)」を大幅にバージョンアップして提供開始した、と11月25日に発表した。新しいver.2.0では、従来からの特徴であるサーモグラフィ表示「ヒートマップ」に加え、広告管理やコンバージョンなど機能を大幅に追加。性別や年齢などのユーザー属性を広告管理・コンバージョンなどと連動できるようになった。これにより、「コンバージョンしたユーザーの男女比」や「この広告からアクセスしてきたユーザーの年齢層」などを推計することが可能になったという。価格は、月額5万円から。

ユーザーローカル
http://www.userlocal.jp/

User Insight 2
http://ui.userlocal.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]