履歴管理などCMS機能を強化した「Movable Type 5」発表。正式版は10月発売予定

CMSとしての機能をより強化し、管理画面のユーザビリティを向上。8月上旬にベータ版を提供予定
[AD]

ブログソフト開発、サービス事業のシックス・アパートは7月8日、Webサイト管理ソフト「Movable Type」(MT)の最新版「Movable Type 5」(MT5)を発表した。8月上旬にベータ版を公開し、10月に正式版を発売する予定。

最新のMT5では、Webサイトのコンテンツ管理機能(CMS)をさらに拡張させる。従来のMT4でもWebサイト全体を管理できていたが、そのためには1度Webサイトの構造をばらし、トップページのブログとその配下のブログというようにコンテンツを分類してブログ単位で組みなおす作業が入るため、慣れが必要だったという。そこで、MT5では実際のコンテンツ構造にあった設計ができるように改善。ドメイン単位でWebサイトを作成でき、Webページやフォルダが直接作れるようになるほか、1つのMT5で複数のWebサイトを作成してWebサイト全体を管理できる。

新機能として多くのユーザーからの要望でもあった、更新履歴管理に対応する。いつ、誰が、どのような変更をしたのかを確認できるようになり、任意のバージョンに復帰できる。さらに、テンプレート、カスタムフィールド、カテゴリなどを管理するテーマ機能を充実。「フォトアルバム」「レストラン」といったテーマを選択すれば対応した管理画面が呼び出され、簡単にコンテンツを投入できる。また、管理画面のデザインを刷新してユーザビリティを向上させる。MTは知識があれば何でもできるのが強みだったが、手軽にまねできないという問題があったので、「何でもできる」から「誰でもできる」を目指していくという。

MT4から約2年ぶりのメジャーバージョンアップとなる今回、価格体系を変更する。基本ライセンス(1サーバー、5ユーザー)が従来の5万2,500円から6万3,000円に変更する。また、従来6ユーザー以上で利用する際には追加ユーザーライセンスの購入が必要だったが、これを廃し、新たに利用ユーザー数無制限のサーバーライセンス、12万円6,000円を設ける。このほか、MT5先行特化版やMT4、MT3ユーザー向けの優待版の販売も行う。

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]