ソフトエイジェンシーのウェブアンケートシステムが日英中韓など11言語に対応

言語別に同時実施でき、結果は全言語一括でも各言語別でも集計可能

データベース事業などを行うソフトエイジェンシーは、同社のウェブアンケートシステム「クッカー」を11言語同時アンケートに対応させ、6月22日から正式にサポートを開始する、と6月15日発表した。対応した言語は、日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語。それぞれの言語でアンケートを作成すれば、言語別に同時に実施が可能で、アンケート結果は全言語一括でも各言語別でも集計できる。

グローバルな商品マーケティング、国内の外国人労働者向け、自社の海外支店・支社、外国人向けのセミナーなどのアンケートでの利用を想定している。クッカーは22種の設問作成が可能。自由入力形式の設問、単一選択型・複数選択型といった基本的な設問から、日付入力型、電話番号型、メールアドレス型設問や、マトリックス型、画像選択型など複雑な設問まで作成できる。選択型の設問は、特定のタグを埋め込むことでアンケート結果のサイト公開も可能。月額2100円から。

ソフトエイジェンシー
http://www.softagency.co.jp

クッカー
http://qooker.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]