ヤフーがクリエイターと広告活動を顕彰する「クリエイティブアワード2009」開始

一般の部と企業の部それぞれ、バナー部門とウェブコンテンツ部門で作品を募集

ヤフーは、インターネット関連で革新的なクリエイティブ制作を行うクリエイターと、新しいインターネット広告の可能性を開拓した広告活動を顕彰する「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2009」を6月5日開始した、と同日発表した。Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワードは、インターネットと広告の発展を目的に2006年から毎年開催、今年で4回目。今回は8月1日~17日に、一般が制作した作品が対象の「一般の部」と企業プロモーションのために制作した作品の「企業の部」で、それぞれバナー部門とウェブコンテンツ部門から作品を募る。審査員によるノミネート選考、サイト上でのノミネート発表、特別審査員が加わる審査員の最終審査会を経て、11月に贈賞式を行う。

一般の部はバナー部門、ウェブコンテンツ部門ともプロ、アマチュアを問わず非営利の作品を募集。バナー部門は、テーマと仕様が決められている。ウェブコンテンツ部門は、ウェブサイト、ウィジェット、ブログパーツなど、バナー以外のすべてが対象。企業の部は、企業のプロモーションとして制作された作品を募る。バナー部門は2008年8月9日~2009年8月17日にYahoo! JAPANに出稿されたバナー広告が対象。ウェブコンテンツ部門は、Yahoo! JAPANへの出稿に関わりなく、バナー以外の企業制作のクリエイティブが該当する。

今年は特別賞として、Web上で公開されているAPIかそれに類するweb上で提供する各種サービスを活用した作品が対象の「Creative Hack賞」、Microsoft Silverlightを使用した作品を対象とする「Silverlight賞」、一般の部で25歳以下による作品が対象の「デジタルハリウッド賞」を設けた。一般の部グランプリの1作品に賞金100万円を贈るほか、バナー部門、ウェブコンテンツ部門で30~10万円の賞金を用意した。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2009
http://creative-award.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]