カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバーでメールアカウント仕様を数から容量に変更

アカウント数の制限廃止し、1メールボックス容量を10MBから10GBで自由言設定可能に

データセンター、レンタルサーバー事業のカゴヤ・ジャパンは、同社が運営しているレンタルサーバーサービス「KAGOYA Internet Routing」で、メールアカウントのサービス仕様を変更し、基本料金内で使える「基本メールアカウント数」の設定を廃止して新たに各プランの基本料金内のメール容量を「標準メール容量」として提供する、と3月4日発表した。価格は据え置き。従来は、1メールボックスあたりの容量を300MBに固定してアカウント数を設定。サービス仕様変更で1メールボックスあたりの容量を10MBから10GBの範囲で自由に設定できるようにした。たとえば標準メール容量が600MBの場合、これまでは2アカウントの設定だったが、1アカウントを最低容量の10MBにすると60アカウント利用可能になり、費用をかけずに多くのメールアカウントが必要となるケースに対応できるという。

カゴヤ・ジャパン
http://www.kagoya.com/

KAGOYA Internet Routing
http://www.kagoya.net/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]