STSDが使いやすさを追求した新しいCMSプラットフォーム「writeWired」を提供開始

[AD]

Webシステム開発コンサルティングのSTSDは、新しいCMSプラットフォーム「writeWired」の提供を開始した、と1月8日発表した。一般的なCMSと同等の機能を備えながら、従来のCMSにない使いやすさを追求し、コンテンツ制作の作業負担とコストを最小限に抑えられるという。テンプレートがサイトに合わせてカスタマイズ可能で、デザインを選択するだけで作成でき、HTMLの知識は不要。レイアウトは、画像の配置やタイトル文字のスタイル、背景色、横並びが本文単位で指定でき、テンプレートに縛られない。1ライセンス200万円、導入費用は50万円。

STSD
http://www.stsd.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]