グローバルサインが個人事業主も利用可能なヤフーと連携した存在認証サービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

電子認証サービスのグローバルサインは、ヤフーと提携した新しい認証サービスを11月17日提供開始した、と同日発表した。「企業実在認証サービスsupported by Yahoo! JAPAN」の名で、サービスガイドラインをベースに、第三者認証機関としてグローバルサインが、登記簿や帝国データバンクなどの情報を基にサイトを運営する企業や個人の実在を証明。Yahoo! JAPANの「Yahoo!ビジネスセンター」内に、申し込んだサイトのトップページURLが掲載され、サイトへリンクが張られる。Yahoo! JAPANサイトからの導線が得られると同時に、Yahoo! JAPANに掲載されているサイトという信頼性がアピールできるという。

企業実在認証サービスは、個人事業主も利用可能。従来、組織に属していない個人が認証サービスを利用する場合、ドメイン認証方式のSSLサーバー証明書が一般的だが、ドメイン名認証だけで個人の情報は認証されず、サイト運営主体の情報は証明できなかった。認証されたサイトに提供される実在証明のシールは、FLASHアニメーションで画像コピーを防止し、JavaScriptによって申込しみサイト以外のドメインでは表示されないセキュリティ対策が施される。企業実在認証サービスsupported by Yahoo! JAPANの費用は1年で5万2500円。

グローバルサイン
http://jp.globalsign.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]