ADKとDACがインタラクティブ広告を専門に扱う新会社を7月下旬に設立

広告大手のアサツー ディ・ケイ(ADK)と、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、インタラクティブ広告を専門に手掛ける新会社を設立することで合意した、と6月26日発表した。社名は、ADKインタラクティブ。資本金1億円、出資比率はADKが80%、DAC20%。社長にはADK執行役員、DAC非常勤取締役の横山隆治氏が就き、7月下旬に設立する。インターネット、モバイルメディアの広告売買や既存メディアとの連携、インタラクティブ広告業務の支援、キャンペーン企画などを行う。ADKは新会社によって、インタラクティブ広告に特化した人材育成やオペレーション効率化を図る。

アサツー ディ・ケイ
http://www.adk.jp/

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]