アウンコンサルなど調査、検索シェアでPCはYahoo!が圧倒的、携帯はGoogleと互角

よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティング(SEM)ビジネスのアウンコンサルティングは4月15日、モバイルコンテンツのインデックス、ポイント交換事業のポイントオンと共同で行った「携帯電話におけるインターネットおよび検索エンジンの利用状況のアンケート調査」の結果を発表した。最も使う検索エンジンは、PCではYahoo!が58%と半数を超え、続いてGoogleの38%、その他4%。携帯電話では、トップはPCと同じYahoo!モバイルだが比率は下がり35%。2位には各キャリアのメニュー検索が入り27%。Googleモバイルは3位の22%だった。

携帯電話で使う検索エンジンで、キャリアの検索を利用している層のうちauは必然的にGoogle、ソフトバンクはYahoo!を使うことになるため、これを加味して再集計すると、Yahoo!モバイルが40%、Googleモバイル35%となる。NTTドコモが4月1日にGoogleを採用したため、現在ではYahoo!モバイルとGoogleモバイルの差はほとんどなくなり、Yahoo!が圧倒的なPCの検索シェアと、携帯では異なる結果となった。

検索以外での携帯サイトの探し方としては、ケータイメール18%、ケータイ広告17%、PC16%で、キャリアの公式メニューが12%。新聞・チラシの7%、ネット上のクチコミ7%、テレビ6%、駅や電車の広告4%より、キャリアの公式メニューの利用率の方が高かった。調査は今年3月下旬に携帯電話サイトのアンケートフォームからの入力形式で実施、9098人が回答。サンプルとして5600人(15~49歳の5歳刻みで各800人ずつ、男女各計2800人)を抽出して集計、分析した。キャリア別ではNTTドコモが41%、au38%、ソフトバンク21%。

アウンコンサルティング
http://www.auncon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]