オプト、コマップ、コムスクエアの3社、共同で着信課金型アフィリエイト広告サービスを提供

よろしければこちらもご覧ください

オプト、コマップ、コムスクエアの3社は、約300の全国タウン誌・フリーペーパー向けに、着信課金型アフィリエイト広告が出稿できる「オプトクロスネット」を開発し、10月25日からサービス提供を開始する。

新サービス「オプトクロスネット」は、コマップが運営するネットワーク「aruno」に加盟する全国のタウン誌・フリーペーパーにオリジナル電話番号を付与した広告を掲載し、それを見た消費者がかけてきた電話件数に応じて、広告主が媒体側に料金を支払うアフィリエイトモデル。

具体的なサービスイメージは以下の通り。

  1. 広告主が成果単価を決め、「aruno」のアフィリエイトネットワークにエントリー登録
  2. ネットワークに参加する媒体が各広告メニュー(業種、サービス内容、成果単価など)を見て、掲載する広告を選択
  3. 掲載を決めた媒体ごとに、オリジナルの電話番号を発番し、その番号を記載した広告を掲載
  4. 広告を見たユーザーが電話を掛けると専用サーバーにいったん着信させ、その後、広告主に転送
  5. 各電話番号の着信件数を集計し、その成果に応じて各媒体に支払う広告費が決定

コムスクエア
http://www.comsq.com

オプト
http://www.opt.ne.jp/

コマップ
http://www.comap.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]