ネットプライスグループのもしも、ドロップシッピングサービスを8月17日に開始

よろしければこちらもご覧ください

ネットプライスグループの株式会社もしも(旧社名ウェブデパ)は、ユーザー自身が価格設定して商品をウェブサイトやブログで販売できる、ドロップシッピングサービス「もしもドロップシッピング」を8月17日より開始する。利用料金は無料。

ユーザーは、もしもドロップシッピングに登録された商品を自分のウェブサイトやブログで、卸値に対して価格を設定して商品を販売することが可能だ。販売価格を設定すると専用のHTMLコードが掲示されるので、ユーザーは自分のウェブサイトやブログにコードを貼り付けるだけで販売ができる。販売を支援するために、ユーザーに対してショッピングカートや管理システムなどの機能も提供する。自分のウェブサイトやブログを持っていないユーザーには、簡単にページを制作できる「Myショップ」を提供する。

また、もしもは今回のサービス開始に伴い、ドン・キホーテグループであるドンキコムの提供するECサービス「ecosec」に加盟し、ドンキコムのもつ約20,000点の商品データをユーザーに提供する。

もしもは今回のサービス開始について、ユーザーは、自由に販売商品の選定および価格の設定が行えるにもかかわらず、面倒で複雑な在庫・注文管理、ならびに商品発送は行なわずに、集客とマーケティングに専念できる点がメリットとしている。メーカーなどにとっても、インターネットユーザーの力によって商品の販売チャネルと売上高の拡大を見込めるとしている。

同社は今後、ネットプライスをはじめとする、各大手ネットショッピング企業や、商品メーカー、卸問屋などのデータベースとの連携を進めることで、ユーザーが販売できる商品メニューの充実、サービスの拡大を目指すとしている。

もしもドロップシッピング
http://www.moshimo.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]