はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

広告効果測定システム「アドエビス」、コンテンツマーケティングに特化した新プランを開始

コンテンツが購入の申し込みへの貢献を効果測定、分析テンプレート3種セットで

インターネット広告効果測定システム「アドエビス」において、「コンテンツマーケティング」の計測に特化した新プランの提供を、ロックオンが2月25日に開始した。

「コンテンツマーケティング」は、ブログ・ソーシャルメディア・動画などのコンテンツを、見込み客や既存顧客に対して提供することで、自社の利益につながる行動を起こさせる手法だ。

「アドエビス」の新プラン「コンテンツマーケティング計測プラン」は、過去の分析実績などをもとに設計したもので、アドエビス・SEOエビス・ViewThruエビスをセットで提供する。

さらに、専用の分析テンプレート3種もセットにして提供する。提供されるのは、次のもの。

  • コンバージョンを可視化し、全体への貢献度合いを明らかにする「ビュースルーサマリー」
  • 最も有効な媒体の組み合わせがわかる「CVフロー」
  • コンテンツを見たユーザーがどれだけサーチ経由で流入しているのか、またどのようなキーワードが生まれているのかを見ることができる「ビュースルーサーチ」

「コンテンツマーケティング計測プラン」の利用料金は月額4万円より。アドエビス・SEOエビス・ViewThruエビスを別々で申し込むより月額3万円割安だという。新規申し込みから6か月間の適用で、以降は通常料金。

アドエビスの利用イメージ

参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

Web担先生

「ビュースルー」って、わかるかな?

初心者君

んー。ちゃんと説明しろと言われると、ちょっと……。

Web担先生

要は、「見ただけで、クリックなどの動作をしなかったこと」だと思うといい。

初心者君

ふむふむ。

Web担先生

広告はクリックしてもらうためのものだから「クリック率」は気にするよね。

初心者君

ですね。

Web担先生

でも、ブログなどのコンテンツにも、製品ページへのリンクを置いているよね。

初心者君

はい。もちろんです。

Web担先生

じゃぁ、そのリンクがクリックされなかったら、コンバージョンへの影響はなかったとみなすべきなのかな?

初心者君

とは限らないですよね。

Web担先生

そう。コンテンツを見て興味をもって、別の比較サイトやメディアでもうちょっと調べて、あとから検索エンジンで製品ページにたどり着くという行動を期待しているからね。

初心者君

そう動いてくれるとうれしいですよね。

Web担先生

そういった行動を調べるために、「コンテンツは見たけれども、そこから製品ページへのリンクはクリックしなかった人」のその後の訪問などをチェックできるようにするのが「ビュースルー」だ。

初心者君

なるほどー。

Web担先生

実際にはコンテンツに限らず、バナー広告などでもビュースルー効果を測定することもあるし、そういう風に調べないと、本当の広告の効果は見えてこないはずなんだ。

初心者君

なるほどね。そういう考え方が、コンテンツマーケティングには大切なんですね。

Web担先生

そういうこと。

「はじめてWEB」掲載のオリジナル版はこちら:
広告効果測定システム「アドエビス」、コンテンツマーケティングに特化した新プランを開始(2015/02/27)

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]