有名サイト、かってに解析!

サイト内の用語に違和感あり

ページ

サイト内の用語に違和感あり

さて今回のシチュエーションからは外れるのだが、トップページから年齢別のナビゲーションに従ってページを見たケースについて、少々違和感を感じた部分があったので、それもお話ししておこう。

トップページの右側にある「キッズ&ティーンズ」をクリックしてみる。

クリックした先が「キッズ・ティーンズ向き」のページだ(図6)このページは、別途検索連動型広告でもやっているからなのか、ページの作りが少々違っている。図6を見ていただくと分かるように、ローカルナビゲーションはない。上部のグローバルナビゲーションを見ると、「キッズ」とは4歳から小学6年生までのことで、「ティーンズ」は中学生と高校生が対象だということが分かる。

図6:「キッズ・ティーンズ向けサービス」ページ
図6:「キッズ・ティーンズ向けサービス」ページ。「キッズ」とは4歳から小学6年生までのことで、「ティーンズ」は中学生と高校生

さて、キッズやティーンズ向けのページでは、彼らを対象にしたプログラムを提供している教室のことを「ランゲージセンター」と称している(図7)。

大学生向けのページでは、「ランゲージセンター(LC)」とあり、個々には「青山LC」などと表現されている(図8)。

図8:大学生の英会話「Berlitz Youth」のページ
図8:大学生の英会話「Berlitz Youth」のページ。「ランゲージセンター(LC)」となっている

また、トップページで「50歳からの英会話」をクリックすると、大人の英会話ということで、ここでは「対象ランゲージセンター」という表現になっている。

結局、ベルリッツの社内用語では、各拠点(学校)のことをランゲージセンターと表現するようなのだが、ユーザー目線に従うのなら、「拠点」や「学校」「教室」などといった、とか平易な言葉で表現した方がよいのではないかと思った(次回へ続く)。

◇◇◇

さてこの連載では、

  • Webサイトのオーナーか管理者の方からの「かってに解析」してほしいリクエスト
  • 「かってに解析」されたサイト運営者・管理者の方からの異論や反論

などを随時募集している。希望者は、(web-tan@impressrd.jp)までお寄せいただきたい。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]