i-SITE PORTAL(アイ-サイト ポータル)

[PR]

自由自在のサイト構築運用を仕掛ける
i-SITE PORTAL(アイ-サイト ポータル)

ソンズ株式会社
http://www.i-site.jp/

マイクロソフト社のASP.NETにより、CMS導入に必要とされる期間とコストを大幅に削減して、高品質かつ自由自在なウェブサイトの構築運用を可能にしたのがi-SITE PORTALだ。

管理者ツールからブログや掲示板まで、CMSに必要な機能をモジュール化し、これらを配置していくだけで直感的にウェブサイトを構築できる。RSS機能、タギングに相当するPickUp機能など、Web2.0にも対応している。

モジュールを組み合わせて自由自在にサイト構築

i-SITE PORTALは、CMSでは珍しいパッケージソフトだ。マイクロソフト社のPlatform Test for ISV Solutions(Windows Server 2003、MS-SQL Server 2000)にも合格しており、お馴染みのインストールウィザードでセットアップとサイト構築を開始できる。パッケージ化されているので、最新版への移行も簡単だ。

ウェブサイトに必要な機能はモジュールで提供され、ページ上にモジュールを配置するだけでウェブサイトを構築する。トップページを含む全てのページで、モジュールの配置場所や使用数に制限は無く、組み合わせも自由自在。サイト運用中もモジュールの追加、移動が可能で、これまでコストがかかっていたサイト構築の試行錯誤もマウス操作だけで解消できる。管理者数や登録ユーザー数、ページに制限はなく、追加ライセンスの必要もない。

標準提供のモジュールは40種類以上で、リビジョンアップごとに追加拡張される。また、携帯電話対応(ページング処理)、WYSIWYGによるHTMLエディタ、ユーザーがカスタマイズできる定型入力(XML/ XSL対応)などの機能も用意されている。

Web2.0に対応するPickUp機能 RSSフィードの生成も可能

Web2.0で欠かせないRSSフィードとRSSリーダーが標準装備されているのはもちろん、注目すべきはタギング(タグ付け)に相当するPickUp機能だ。

コンテンツにPickUp項目(タグ)を登録しておくと、項目ごとにコンテンツを分類して見出しを一覧形式で掲示できるほか、その情報をRSSフィードとしても公開できる。各コンテンツに設定できる項目数に制限はなく、多方面で簡単にコンテンツを引用できるのが魅力的だ。PickUp機能を活用すれば、効果的なナビゲーションが実現する。

CMSの課題であるカスタマイズも ユーザー自身で変更可能

CMSで課題となるビジュアルデザイン。そのカスタマイズは、一般のブログと同様にユーザーが行える。モジュールをインポート、エクスポートする機能もあり、デザイン制作などの委託や流通も可能だ。

ユーザーが開発したASP.NETのコードをモジュールとして追加できるほか、他システムとの連携、ウェブアプリケーション開発ミドルウェアとしての使用事例もある。

ソンズ社では「マイクロソフト認定パートナーを通じて全国に広げていきたい」という。このような取り組みも、この製品の特徴だ。

問い合わせ先:ソンズ株式会社
Tel:0857-52-6744
IP-Tel:050-7503-3249
E-mail:info@sonz.co.jp

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]