KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に」を公開しました。

###

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介するのは、読者を順調に伸ばしてきたメディアサイトで、Webサイトの速度の遅さやサーバトラブルが増えてきたことをきっかけにWEXAL®を導入したという事例です。

該当のサイトではサイトの表示に体感で10秒ほどの時間が掛かっていたそうですが、最終的に2,3秒にまで改善し、そして、Google PageSpeed Insightsのスコアが40点ほど上がったと言います。

ではなぜそこまで改善することができたのでしょうか。

■メディアサイトにとってパフォーマンスの劣化は深刻な問題

サイトが成長すれば、トラフィック量が増え、データ量も蓄積されていきますので、どうしてもサーバのパフォーマンスは落ちますし、その分Webサイトの表示に時間が掛かってしまうようになります。

すでに何度かご紹介している通り、Webサイトの表示に3秒で32%、5秒で90%、6秒で106%が離脱するという結果がGoogleから公表されています。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4464

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]