Google新基準Core Web Vitalsの対応方法とペナルティを受けた場合の解決方法

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「Google新基準Core Web Vitalsの対応方法とペナルティを受けた場合の解決方法」を公開しました。

###

吉政顧問のコラム「Google新基準Core Web Vitalsの対応方法とペナルティを受けた場合の解決方法」が公開されました。興味がある方はご覧ください。
2021年5月より「Google新基準Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」が検索順位のエンジンに適用されるようになりました。

一方でGoogleの基本は「Contents is King」なので、コンテンツがいいのが前提ですが、良いコンテンツ同士であれば、Core Web Vitalsでよい方が上位になるということです。

Core Web Vitalsは何かといえば、UX(ユーザエクスペアレンス)を実現するために重要な指標の総合ガイドということが言えます。

詳しくはGoogle Developers Japanの「Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標 」を見てみてください。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4281

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]