【マーケティング担当者必読】消費者のクチコミ活用方法と企業のクチコミ施策の考え方

【マーケティング担当者必読】消費者のクチコミ活用方法と企業のクチコミ施策の考え方
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

クチコミが売上に影響を与える時代になってきたことは明らかです。企業がどんなに自社製品サービスの魅力を上手に語ったところで消費者には以前よりも効果的ではなくなってきています。現代の消費者は、多くの広告宣伝にさらされ続けたことで企業からのメッセージをそのまま受け取るようなことはなくなり、知人友人や実際の購入者からの情報を以前よりも重視するようになってきました。

そのような時代の変化に適応すべく企業もクチコミ施策として様々な取り組みを行ってきています。しかし、当然のことですがクチコミを広げればどんな企業でも効果を期待できるというわけではありません。クチコミ施策によって効果を上げた企業もあれば、クチコミ施策を実施しても効果がなかった企業もあります。その違いはどこにあるのでしょうか?

続きはこちらからご覧いただけます。「【マーケティング担当者必読】消費者のクチコミ活用方法と企業のクチコミ施策の考え方

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]