Web施策の検討にも役立つ戦略フレームワーク〜アンゾフに学ぶWeb活用のヒント

マーケッター&Webサイト担当者必見!「経営戦略の父」アンゾフに学ぶWeb施策立案のヒントをご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

フレームワークでユーザーを分類

事業戦略に自社のWebサイトを活用しようと思ったとき、具体的にどんなコンテンツを用意すれば狙った母集団を形成できるのか、頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

ユーザーにとって的はずれなコンテンツを用意しても、継続的には利用してもらえず母集団の形成ができません。施策を用意する側にとっても期待はずれな結果となってしまうばかりです。

 
では、どうすれば狙った母集団を形成できるのか?
 

それは、自社のサービスや製品のユーザーをどうやって分類すればよいかがわかれば、自ずと採るべき施策が見えてくるものです。そんなときこそ代表的なフレームワークを元にユーザーを分類してみるのも手かもしれません。

ここでは、具体的な施策を設計する指針として「アンゾフのマトリックス」が使えることを示してみたいと思います。

「アンゾフのマトリックス」とは?

事業の成長戦略や経営戦略を考えるフレームワークとして、「アンゾフのマトリックス」はシンプルかつ強力です。具体的には、次のような表であらわされます(日本語は参考訳です)。

 既存市場
PRESENT MARKETS
新規市場
NEW MARKETS
既存製品
PRESENT PRODUCT LINE
市場浸透
MARKET PENETRATION
新市場開拓
MARKET DEVELOPMENT
新製品
NEW PRODUCT LINE
新製品開発
PRODUCT DEVELOPMENT
多角化
DIVERSIFICATION

(参考 : Strategies for Diversification. H. I. Ansoff – Harvard business review, 1957 )

製品は新旧2種類しかありませんし、マーケットも新旧2種類しかありません。したがって、上の表は常に必ず成り立つ、と考えて良いでしょう。

アンゾフは「経営戦略の父」と呼ばれるだけあって、解説書やWebサイトがたくさんあります。「アンゾフのマトリックス」を詳しく知りたいという方はそちらをご参照いただければ幸いです。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
Web施策の検討にも役立つ戦略フレームワーク〜アンゾフに学ぶWeb活用のヒント(2/3)
https://getting-better.jp/ansoff-matrix-190220/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]