まるごとLINE広告入門~特徴や広告の種類、配信面など一挙まとめ【Feedmatic Blog】

LINE広告の特徴や配信面、配信機能はもちろん、最近注目のクロスターゲティングやCost Per Friends(CPF、友だち獲得広告)、LINE Dynamic AdsなどLINEならではの配信機能まで、知っておきたいLINE広告について"まるごと"紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

幅広い年代や属性のユーザーに対して、効果的にアプローチができる広告として注目されるLINE広告。新しい機能が随時拡充されており、LINE広告ならではの特徴的な機能もますます充実しています。

この記事では、これからLINE広告を導入したいと思っている方、より自社の施策にマッチしたLINE広告の運用を検討中の方にむけて、LINE広告の特徴や配信面、配信機能など、知っておきたいLINE広告について”まるごと”紹介していきたいと思います。

[Feedmatic Blog] まるごとLINE広告入門~特徴や広告の種類、配信面など一挙まとめ
https://blog.feedmatic.net/about-line-ads/

▼記事の一部をご紹介▼

オーディエンス配信

オーディエンス配信では、ユーザーのデータを利用してオーディエンスを作成し、対象ユーザーに広告を配信することができます。

例えば、サイトやアプリ内での行動データ(ウェブトラフィック、モバイルアプリイベント)、端末識別IDなどを元にオーディエンスを作成することができるため、より詳細なターゲティングが可能です。

2020年2月には、このオーディエンス配信に、「電話番号アップロード」と「メールアドレスアップロード」が追加され、広告主が保有する顧客の電話番号・メールアドレスをハッシュ化(匿名化)し、これらのユーザーデータを元にオーディエンスを作成できるようになりました。

自社が保有する電話番号やメールアドレスといったユーザーデータをもとにオーディエンスを作成し広告配信することで、自社の既存ユーザーを対象にした広告配信だけでなく、既存ユーザーの除外・既存ユーザーを基にした類似配信で、新規ユーザーに対してのリーチが可能です。

目次をご紹介

  • LINE広告(旧LINE Ads Platform)とは?
    • 他のSNSではリーチできない顧客層へ幅広くリーチ可能
    • 豊富な配信面
    • セルフサーブで運用可能
    • LINE公式アカウントなど他のLINEビジネスプラットフォームとの連携で効果を高める
  • 広告配信面
  • LINE広告のクリエイティブ
  • 広告配信機能
    • LINEデモグラフィックデータ配信
    • オーディエンス配信
    • LINE公式アカウントの友だちオーディエンス配信
    • 類似配信
    • リエンゲージメント配信
    • Cost Per Friends(CPF)
    • LINE Dynamic Ads(LINEダイナミック広告)
    • LINEクロスターゲティング~LINE公式アカウントのデータ活用

[Feedmatic Blog] まるごとLINE広告入門~特徴や広告の種類、配信面など一挙まとめ
https://blog.feedmatic.net/about-line-ads/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログです。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]