Google Analytics 上の問合せ完了数から、営業目的のものを排除する。

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

『問合せに営業メールが来るから、Google Analytics のカウントから排除したい。』という話をたまに承ります。
また、当社自身もこうした願望はあります。ただ、提携や協業といった問合せを拒むわけではないため、単純に、引き合いの問合せが何件あったのかを正しく知るにはどうすればいいのかということについて解説します。

問合せに限らず、フォームには、単なる営業だけでは無く、botによるスパム投稿があったり、多くの無駄なコンバージョンカウントが含まれてしまう状況が想定されます。
これを Google Analytics 側で機械的に排除することはできませんので、Webサイト側で Google Analytics にカウントさせるかさせないかを制御する方法を採ることになります。

botによるスパム投稿は、ただの迷惑でしかありませんので、Google Analytics にカウントされるされない以前に、排除する方法を検討しましょう。
排除方法に完璧はないのですが(いたちごっこですので)、以下の様な対応はいくつか検討されるべきでしょう。

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/141/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Advanced Search
「より高度な検索」のこと。「絞り込み検索」「検索オプション」と表現されることも多 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]