マーケティングの成果はリード獲得が握る|27のリード獲得テクニック

集客して、リードに転換して、育成・選別して、セールスが引き継ぐ。マーケティングの中で一番最初のフェーズで最も成果に影響するのが「リード獲得」です。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

質の高いリードを数多く獲得すること。

マーケティングの役割を突き詰めれば、この一文に集約できます。リードはマーケティング上最も重要な成果で、売上に直結します。

今回、インバウンドマーケティングを実施し、月に140件以上の新規リードを獲得し続けているWebマーケティングメディア「Grab」編集長が、リード獲得の秘訣を27個公開しました。

リード獲得を成果に繋げるうえで欠かせない考え方が「マーケティングファネル」
この入り口となるリード獲得で成果を上げないと、後の施策はすべて無駄になってしまう。

リード獲得テクニックは、リード獲得に必要な5つの要素「集客」「提案(オファー)」「CTA」「ランディングページ」「フォーム」のそれぞれに分けて紹介します。

27のリード獲得テクニック

リード獲得のための「集客」を最適化する

 1.ブログメディアに勝る集客方法はない
 2.ソーシャルメディアの有効活用
 3.自然検索は集客の軸
 4.泥臭くリファラを獲得する
 5.必要に応じて広告施策を活用

リード獲得のための「提案(オファー)」を最適化する

 6.オファー is Kingを理解する
 7.オファーに希少価値をつける
 8.ニュース性と連動させる
 9.カスタマージャーニーに沿ったオファーを提供する
 10.オファーのフォーマットを理解する
 11.タイトルには最新の注意を

リード獲得のための「CTA」を最適化する

 12.大前提として見えるところに
 13.CTAは色とテキストが命
 14.製品・サービスページでオファー
 15.クロスセルCTAも忘れずに
 16.適切な結果またはLPへの誘導を行う

リード獲得のための「ランディングぺージ」を最適化する

 17.気が散る要素はすべてカット
 18.CTAとの一貫性を保つ
 19.シンプルさはクロージング力に直結する
 20.一番伝えることはユーザーのメリット
 21.ランディングページはオファー事に作成する

リード獲得のための「フォーム」を最適化する

 22.フォーム項目数は必要十分で
 23.マイクロコピーは意外と重要
 24.スマートフォンからの入力も意識
 25.セキュリティアピールは礼儀
 26.エラーメッセージは丁寧に
 27.フォームデザインにかけるコストは無駄ではない

 

新型コロナウイルスの影響で外勤・対面営業が難しくなった今こそ、リードを獲得しインサイドセールスが育成し、フィールドセールスが実現する「インバウンドマーケティング」を実現させましょう。

そのためにはまず、リード獲得の取り組みを始める、強化していきましょう。

27のリード獲得テクニック

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]