テレビ朝日サービス、Core×BizRobo!でロボットを超高速化!処理時間を90%以上短縮

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連載。今回は、テレビ朝日サービス様のASTERIA Warp Core導入事例をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください

数々の人気番組を放映するテレビ朝日を支える幅広い事業を展開している株式会社テレビ朝日サービスでは、事業拡大と共に生じる人手不足問題を解決すべく、RPAツール「BizRobo!」を利用した業務効率化に取り組んでいる。

CoreとRPAを組み合わせる概念実証として、複雑なデータ加工やメール送付処理が含まれている勤務入力チェック業務が対象となった。1000名を超える従業員の入力内容を1件ずつ繰り返し画面操作で確認する作業には、多くの時間が係っていた。また、複雑なデータ加工処理は設定が煩雑で、処理内容がブラックボックス化しメンテナンス性が低下する恐れがあった。複数ツールを導入してしまうと、ツールごとに処理が分割され、ツール間の連携性低下による新たな手間の発生や処理管理の複雑化が懸念された。

ASTERIA Warp Coreを導入することで、 ロボットでは時間のかかるデータ加工やチェック処理を90%以上短縮。加工したデータはAPI経由でBizRobo!に受け渡し、シームレスな連携を実現。Coreのマッピング画面では全項目のデータ加工処理を1画面で設定可能であるため、開発生産性、メンテナンス性も向上した。自動化処理をCoreから処理することで一元管理できる形になった。RPAでは処理時間が長く接続できなかった連携先に対しても、CoreのAPI連携を利用することで高速処理できるようになり、自動化業務範囲をさらに拡張することができた。

ASTERIA Warp Coreを用いた分析基盤の概要図

ASTERIA Warp Coreシステム概要図

今後は効率化できる業務の幅を広げ、学習コストが低く部署内でRPA担当とCore担当とで分担したチームを組むといった柔軟に調整しながら開発できるメリットを活用していきたいとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.asteria.com/jp/warp/case/c_tv-asahi-service/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]