イギリスのEU離脱が決まった日

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

先日ついに、イギリスがEUから離脱しました。
運命を変えた2016年の国民投票から3年半、紆余曲折しながらも、やっと前に踏み出しました。

私は国民投票の時にイギリスにいたのですが、朝起きてスマホを見るとポンドが暴落していて、何事だ、と思ってあわててニュースをチェックしたら、まさかの離脱決定という結果に驚いたのを覚えています。

その日から一斉に、現実を受け止められないイギリス社会に、不安と怒りが噴出しました。
もうイギリスはおしまいだわ・・と嘆く人、グローバル経済で成り立つロンドンは、もう都市国家として独立するべきだ!と勇ましい声を上げる人、離脱に投票したことを後悔する人、メディアは様々な思いを連日、興奮気味に伝えました。
社会の混乱が続くことを避けるために、一刻も早く政治による安定が急がれたのですが、国民投票をすると言い出したキャメロン首相は、結果が出た日にさっさと辞任を表明したため、まずは速やかな首相の選出へと動き出しました。

大方の見方では、保守党離脱派のリーダーだったボリス・ジョンソン氏の就任が有力視されていましたが、最側近の保守党実力者がまさかの立候補を表明し、足元をすくわれた形でジョンソン氏は、なんと首相選から退く羽目になったのです。
離脱決定に続き政局までが番狂わせとなり、新聞の見出しには「〇〇お前もか!(ブルータス、お前もか。になぞらえて)」という文字が踊り、公共放送BBCのサイトでは、首相選の動向に関する速報(Breaking news)がひっきりなしに飛び込んできて、政局は揺れに揺れました。

誰がどう事態を収拾するのか、私もハラハラしながらニュースを追っていました。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l011_202003.html

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]