BEAMS公式サイトで、LINEアカウントを利用したソーシャルログインが利用可能に!~ID連携により、LINEアプリ上で「モバイルカード」を表示、実店舗とECの連携が進む~(ソーシャルPLUS 導入事例)

ソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」、BEAMS公式サイトへのLINEログインオプション導入事例を公開!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:設楽 洋、以下「ビームス」)が運営する「BEAMS公式サイト( https://www.beams.co.jp/ )」において、ソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションをご導入いただきました。

 

ビームスが運営する「BEAMS公式サイト」がLINEログインに対応!ID連携により、LINEアプリ上で「モバイルカード」を表示、より便利に会員カードが利用可能に!

ビームスが運営する「BEAMS公式サイト」では、「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションを利用して、LINEアカウントと連動するLINEログイン機能や、自動友だち追加機能、Messaging APIを利用した会員向けのプッシュメッセージ配信機能をご導入いただきました。

これにより、「BEAMS公式サイト」を利用するユーザーは、LINEのアカウント情報を用いて手間なく簡単に会員登録やログインを行うことが可能となります。
さらに、LINEログインを行うと同時にユーザーの会員IDとLINEアカウントとのID連携が完了し、「BEAMS公式サイト」のLINE公式アカウントへの友だち追加までが自然な流れで完結できます。

LINEログインでID連携した会員は、BEAMS LINE公式アカウントのリッチメニューから「モバイルカード」を簡単に提示できるようになると共に、「BEAMS公式サイト」の新商品やキャンペーンなどの情報をLINEのメッセージでタイムリーに受け取ることが可能となるため、LINEを通じてより便利にお買い物を楽しむことができるようになります。

また、「BEAMS公式サイト」では、LINEログインによるID連携を通じて会員一人ひとりの特性に合わせたメッセージ配信ができるため、企業と会員との最適なコミュニケーションを実現します。

これまでも「ソーシャルPLUS」では、LINEログインオプションを提供し、「LINEログイン」によるCVR向上やID連携を活用したOne to Oneコミュニケーションの最適化を推進してまいりました。

今後もフィードフォースでは、「ソーシャルPLUS」のソーシャルログイン / ID連携機能の提供を通じて、様々なWebサービスの利便性向上に貢献すると共に、実店舗とECをより良く連動させ、企業と顧客との橋渡しとなることで、人々の生活がより豊かなものになるようなサービスの提供を目指してまいります。

LINEログインについて

LINEログインは、Webサイトやアプリにおいて、ユーザーがLINEのアカウント情報を利用して簡単に会員登録やログインができる機能です。

ソーシャルログインとしての機能はもちろん、ユーザーがLINEログインをすることでユーザーの会員IDとLINEアカウントを連携し、同時に企業のLINE公式アカウントを友だち追加することができ、個別の会員向けにLINEでプッシュメッセージが配信できる仕組みを構築可能にします。

「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションを利用することで、各機能の実装や運用にかかるコストを大幅に削減することができます。
・「ソーシャルPLUS」 LINEログインオプションについて
https://socialplus.jp/line/

「BEAMS公式サイト」について

ビームスが運営する 「BEAMS公式サイト」は、総合情報、直営通販サイト、店舗情報、特集、スタッフスタイリング、ブログなど、ビームスのすべてをご紹介します。
https://www.beams.co.jp/

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやFacebook、Yahoo! JAPANなど、複数のプラットフォームに対応しています。「Appleでサインイン」にも2020年2月頃対応予定です。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINE公式アカウントと連動するLINEログインをはじめ、LINE Profile+や自動友だち追加機能、Messaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
・ソーシャルPLUSについて:https://socialplus.jp/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
 

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社フィードフォース 
担当:大西、金井
TEL:03-5846-7016  (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666 
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]