タイ語の文字化けを見つけるポイントは?

タイ語の文字化に気づかなかったとき、どう解決したのかと注意すべきポイントをお伝えします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

タイ語のDTPを行う際に、信頼性の高いタイ語フォントを使用していれば文字化けはないと当初考えていたのですが、実際文字化けが生じ気づかないことがありました。下記がその例ですが、一見するとわからない人がほとんどかと思います。

文字化けはこの部分です。↓

正しい表記はこうなります。↓

記号のようなものが浮いていないのが正しい表記で、タイ語では文字化けです。
最初はフォントの問題かと考えたので、日本語DTP環境での多言語使用で信頼のおけそうなフォントに変更して解消しようとしてみました。

 

タイ語に翻訳したWebサイトや冊子をつくる際、どのフォントを使うのが安全か先ず考えるかですが、

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201910.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]