AWS MarketplaceにおいてKUSANAGI for AWS Business Editionを公開

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社(代表取締役 中村けん牛、本社所在地:東京都千代田区、以下「プライム・ストラテジー」)は、「KUSANAGI」のエンタープライズ向けサービス「KUSANAGI for AWS Business Edition」(以下、Business Edition)をアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のAWS Marketplaceにおいて有償で提供開始することを発表いたします。

Business Editionでは、「KUSANAGI」が本来もつビジネスユースに必須の「高度に強化されたセキュリティ」「パフォーマンスの高さ」はもちろん、オープンソースを利用したWebシステムをエンタープライズレベルで運用管理する際に通常必要とされる多様なソリューション(「KUSANAGI for AWS Business Edition に含まれるソリューション一覧」参照)をご利用いただけます。これにより様々なビジネスシーンにおいて運用者が安心してWebシステム、Webサイトを管理していくことが可能となります。

なおプライム・ストラテジーはサービス提供開始当初より月間15台以上のBusiness Edition導入を目指しており、AWSのビジネスユーザーにとっての利便性向上を主目的とした継続的な開発を通じて、さらに導入数を拡大する計画です。

■安心して継続的にご利用いただくためのソリューション

Business Editionではオープンソースのシステムを安心して継続的にご利用いただけるよう、最新版 WordPress 5.x 系統に対する動作保証や、CentOS7のEOLまでのリポジトリからの各種アップデートに対応いたします。またAWSの主要な最新インスタンスタイプへの対応など、ビジネスユーザーにとって必要な各種機能を取り揃えております。

これらソリューションによりBusiness Editionは、ビジネスユーザーの「リーズナブルにWebサービスを構築したい」「常に最新の機能を使用したい」等の高度なニーズにもお応えしております。

■WordPressの簡易な導入と管理画面からのサポートに対応

Business Editionでは「KUSANAGI」初期設定のための専用のプロビジョニング画面(下右図参照)をご利用いただくことができ、KUSANAGIの初回起動時にはWordPressをブラウザ上で簡易に導入することが可能です。さらに、WordPressの管理画面上からはWordPressやKUSANAGIの一般的な使用方法について質問を投稿することができます。これにより、エンタープライズのユーザーはWebシステムの運用環境を最速で整えることが可能となり、ビジネスチャンスを逃しません。

(詳細は以下のページをご覧ください)
https://www.prime-strategy.co.jp/information/kusanagi-for-aws-business-e...

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]