経営管理部の業務を自動化!為替レートをGoogleスプレッドシートに自動記入!―ナガタのRPA体験記

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携デモ。今回は、ASTERIA Warpを使って為替レートを自動取得し、経営管理の効率化に挑戦します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは、ナガタです。 
社内業務自動化第2弾ということで、今回は経営管理部のSさんから依頼がありました。 

Sさん「今、Webサイト上で公開されている為替レートを手作業でExcelファイルにまとめてみんなに共有しているんだけど、ちょっと手間がかかるんだよね。これってASTERIA Warpで自動化できる?」

ナガタ「もちろんです!」 

月末や決算時に必要となる為替レートのデータ。今は必要なときに手作業でWebサイトから必要な項目を抜き出してExcelファイルにまとめているそうです。これを自動化していきます! 

為替レート取得元はみずほ銀行 外国為替公示相場ヒストリカルデータです。 
そして、取得した為替レートは経営管理部のみなさんで共有できるようにExcelファイルではなくGoogleスプレッドシートに追加していきます。

ヒストリカルデータ(日次データ)は毎営業日に更新されるので、毎営業日の夜に為替レートを取得してGoogleスプレッドシートを更新するフローを作っていきたいと思います。

  1. 為替レートを取得
    →CSV形式のデータが取得できそう。 
  2. 為替レートから必要な項目を取得(データのマッピング)
    →Mapperコンポーネントでデータのマッピング。 
  3. Googleスプレッドシートに記入
    →GoogleSheetsアダプターがあるぞ。 
  4. 毎営業日に実行
    →スケジューラーを設定すれば問題なし。 

これならささっと作れそうです。

 

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20181207/35468.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]