― RPA最前線 ― 従来OCRの課題を解決!「学習型データ抽出技術」が実現するさらなる自動化

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、従来型OCRの課題をRPAで解決する手法をご紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今や、業務改革の画期的なソリューションとして注目されているRPA(Robotic Process Automation)。特に人海戦術によるデータエントリー業務などには、大きな効果を発揮する可能性を秘めており、既存の業務フロー内にRPA を展開したいと考えている企業は多い。そこで改めて期待されているのが、紙の伝票やPDF などの書類からデータを抽出するためのOCR 技術だ。ただし、画像情報から必要なデータ抽出が可能になるOCR であっても、非定型書類を大量に扱う業務にはあまり向かないことをご存じだろうか。今回は、RPA 導入を阻む、従来のデータ抽出のためのOCR 技術に着目しながら、業務の効率化、自動化に向けた最適なプロセスについて考えてみたい。

内容

  1. 業務効率化の担い手として注目される「RPA」
  2. RPA との連携に有効な「OCR」の世界
  3. なぜOCR が活かしきれないのか
  4. これまでのデータエントリーにおける課題
  5. 座標定義をしないデータ抽出技術
  6. RPA 化を阻む、もう1 つの要因「データ精度の担保」
  7. マスター照合に威力を発揮するEAI
  8. RPA 導入の理想的なシステム連携

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_ocr/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]