データ分析は、マーケッター視点で:第7回 コミュニケーション設計②

データ分析の基盤にもなっていく「コミュニケーション設計」の続きです。 2点目の考察はコミュニケーション分析です。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

(2)コミュニケーション分析

 分析においては、2つのアプローチがあります。「プロセス分析」と「関係性分析」です。

「プロセス分析」は、上記の様に、そのプロセス順の通過率を分析するもので、ネット中心のコミュニケーションの場合、ブランドサイトやキャンペーンサイトを軸に、比較的実施しやすいと思われます。
 しかし、もう一つの「関係性分析」は、もっと複雑で、分析も難易度が高いです。これは、「コミュニケーション・プロセスが、必ずしもブランド側で設計した順番にはならない」という前提に立っています。

 

 みなさんも、一消費者として考えて頂ければ分かると思いますが、あるブランドとの最初の接点は、ネットだったり、店舗だったりする場合もあるわけで、必ずしもテレビとは限らないですよね。
 今は、高度経済成長期の様に、「TVCMを打って、店舗面積を確保してキャンペーンをすれば、売上は上がる」という時代ではありません。インターネットや検索、ソーシャルメディア、デジタルメディアの普及もあり、その順番は非常に複雑です。
この関係性分析は、「各施策と売上の関係性」「各施策同士の関係性」を分析することで、“有効なプロセスを後から導き出す”という事になります。

 ただし、この場合は、テレビの広告費・露出時間、インターネットの広告費・検索量・発言量、店舗面積、等、様々なデータが必用で、且つその中にはデータ自体の入手が困難な為、各データを入手する為の様々な協力者が必要となります。

 

次回(第8回)は、「マーケッターとサイエンティスト」について触れてみようと思います。

本件に関するお問い合わせはこちら

 

連載記事一覧
データ分析は、マーケッター視点で
 第1回 デジタル&データの潮流① - ビジネス変革:デジタル・イノベーターの台頭

 第2回 デジタル&データの潮流②
  - データの多様化:接点の実績が全てデータ化されていく

 第3回 顧客分析のポイント① - 属性からインサイトへ

   第4回 顧客分析のポイント② - データの多様化

 第5回 顧客分析のポイント③ - 商品ファンから企業ファンへ

 第6回 コミュニケーション設計① - コミュニケーションの全体設計

 第7回 コミュニケーション設計② - コミュニケーション分析

 第8回 コミュニケーション設計③ - マーケッターとサイエンティストの連携

 第9回 施策効果① - MMM(マーケティング・ミックス・モデル)

 

【筆者紹介】

山崎 浩人

広告会社でマス広告、コールセンターでCRMを手がけ、携帯事業者でキャリアレップCEO、電通・CCI出資のクロスメディア事業CEOを勤めた。

その後、外資広告社で企業のブランド戦略やグローバル戦略を支援。現在も戦略系コンサルを担う。

 

・2012年 日本広告主協会Web広告研究会「Web人 of the year」受賞
・講演例:「反グローバリズム時代の企業成長とブランド理念」
 https://www.is-assoc.co.jp/seminar20160120/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイテーション
言葉としては「引用」「言及」という意味。 SEOの世界では「リンクではない ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]