Webを活用した事業の投資対効果を上げるための人員構成を考える

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。私はビジネスコンサルタントとして日本を代表する大手企業を中心にマーケティングコンサルティングをしているものです。私に興味がある方は私の名前「吉政忠志」で検索してみてください。私の活動を見ることができます。今回は少し思うことがあり、筆を執りました。

今の時代、Webを活用していない事業を探すことが難しいくらい、Webを活用する時代になりました。

20年も前は公式Webサイトというものもあまり存在していなく、当然、Googleの検索順位を気にしながらコンテンツを作ったり、SEO対策をしたりすることもない時代でした。しかも多くのビジネスは20年以上前から存在している業態です。つまりはWeb関連のコストは後から登場してきたコストということになります。

Webは追加のコストなので、その後、何とか自前で体制を作ろうとした企業が大半だったのではないでしょうか?

おそらく、今も自前で悪戦苦闘している会社も多いのではないでしょうか?皆さんの会社の体制はいかがでしょうか?ここでいくつか気が付いてほしいことがあるので、提案します。

(この続きは以下をご覧ください)

https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2337

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]