サブウィンドウのデメリット!ユーザビリティのために使うべきUIとは?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

自分のWebサイトで補足情報を表示したいとき、サブウィンドウを開いて見せたくなることはありませんか?
ユーザーがページから離脱しませんし、多くの情報を表示できます。普通のWebページのように自由に装飾も可能です。
ブラウザの横幅と違ってサイズを指定できるので、見せたいサイズで情報を見せることができます。

 

でもこのサブウィンドウ、問題はないでしょうか。

 

・ブラウザのタブの管理から外れる
ブラウザを小さくしたり閉じたり、タブの中に含まれるウィンドウはすべて同時に変更できます。
しかしサブウィンドウは変更できませんし、まとめて閉じることもできません。これはユーザーに使いづらさを感じさせる可能性があります。

・ユーザーの見たいサイズとサブウィンドウのサイズに乖離がある
サブウィンドウはサイズが指定できるので、見せたい大きさぴったりに見せることができます。
でも、それは本当にユーザーの見たいサイズでしょうか?画面の小さなパソコンで閲覧している場合、大きなサブウィンドウがはみ出てしまう可能性すらあります。

・ステータスバーなどでリンク先URLを確認できない
外部リンクなのか、同じサイトの別のページが開くのか、ユーザーには分からない場合が多く、開くことを敬遠される可能性があります。

・JavaScriptが無効な環境では閲覧できない
サブウィンドウは・・・

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/?p=4679&preview=true

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]