住信SBIネット銀行におけるAI導入の考え方

住信SBIネット銀行におけるAI導入の考え方
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

2017年4月18日(火)雅叙園にて「デジタルマーケティングカンファレンスSpring2017」が開催されました。私は「日経デジタルマーケティング」の定期購読者のため無料で参加することが出来るので参加することにしました。今回このイベントに参加を決めた最大の要因はやはり「AI」です。クライアント企業に「AI」をどう提案し導入することでどう利益を提供することが出来るのかというテーマは今の私にとっても非常に関心の高い分野だからです。

実際、午前10時開始予定だった基調講演は参加者が多すぎたために遅れに遅れ開始まで15分以上待たされるほどの盛況ぶりでした。世間の「AI」への関心は非常に高いことを改めて実感しました。そして、各セッションも非常に興味深い内容で実務の参考になるものであり、充実した時間を過ごすことが出来ました。

◆AI導入の考え方のフレームワークとして参考になった「住信SBIネット銀行」のセッション

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]