「dfplus.io」、エディー・バウアーのInstagramショッピング(shop now)のカタログ管理を開始

フィードフォースは、エディー・バウアーのInstagramショッピング(shop now)に関わる商品カタログ管理を開始しました。
よろしければこちらもご覧ください

フィードフォースの提供する「dfplus.io」は、エディー・バウアー・ジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO:マティアス・エンゲル、以下「エディー・バウアー・ジャパン」)のInstagramショッピング(shop now)に関わる商品カタログ管理を開始しました。

ファッションブランド「エディー・バウアー」がInstagramショッピング(shop now)を開始!投稿に必要な商品カタログは「dfplus.io」で作成・運用

ファッションブランド「エディー・バウアー」のInstagramアカウント(@eddiebauerjapan )では、投稿から商品購入へスムーズに誘導できる「ショッピング」機能を使った投稿が開始されました。この投稿に必要な商品カタログの作成・運用ツールとして、「dfplus.io」が採用されました。 

Instagramショッピングに正式対応の「dfplus.io」を使うことにより、既存の商品データから簡単にカタログを作成できます。さらに、カタログ管理が基本的に自動化できるようになり、投稿のたびにカタログを更新することもなく、より良い投稿のために集中することができます。

エディー・バウアー・ジャパン様のコメント

この度、「エディー・バウアー」ではフィードフォースの「dfplus.io」を利用し、Instagramショッピングの導入を開始いたしました。 
以前より、Instagramのショッピング機能を待望しており、Facebookのカタログ作成やビジネスプロフィールへの移行などやれることは進めていました。 
カタログ作成は「dfplus.io」で実装しているので直観的な操作でかんたんに作成することができます。 
Instagramはこれまで、ブランドイメージの訴求のみに留まっていましたが、購買までの導線を作れるようになったことで、ブランドの事を知ってもらったユーザーを顧客として獲得できるようになると期待しています。ユーザーが気軽に購入体験をして頂く事で、継続したファン化に繋げていきたいです。 
https://eddiebauer.jp/ 

Instagram「ショッピング」機能とは

Instagramショッピングとは、投稿に商品名や価格が記載されるタグを付け、タグをタップしたユーザーを商品の詳細情報へ誘導することができる機能で、「shop now」とも呼ばれます。広告ではないので広告費はかかりませんが、専用のカタログを作成する必要があります。

「dfplus.io」について 

フィードフォースは、事業者の保有する商品データをマーケティングに活用するためのSaaS「dfplus.io」の提供を通じて、Instagramショッピング機能を利用するためのカタログ作成・運用を支援してきました。 

Instagramショッピング導入に関するお問い合わせ:https://dfplus.io/contact/ 

「dfplus.io」は、無料トライアルプランもご用意しております。カタログ作成・運用ツールをお探しの方は下記よりお気軽にお申し込みください。 

無料トライアル申込:https://dfplus.io/freetrial/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:谷垣、金井
TEL:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
FAX:03-3834-7666
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス