Facebookのオーガニックリーチ測定方法の変更~新旧のリーチ数を比較してみた~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

突然ですが、みなさんが運用しているFacebookページ、ここ数か月でリーチ数が微妙に減っていませんか?

筆者が関わっているFacebookページでは、ここ数か月、原因不明の急激な落ち込みが続いておりました。これといったマイナス要因も思い浮かばず、うーんこれはFacebook運営側でなにか仕様変更があったのかも?と、あらためて公式ページをチェック。

 

ページインサイトの測定方法と表示を改良、主要指標がより見やすく

2月15日以降、ページのオーガニックリーチは広告のリーチと同様の基準でカウントされるようになりました。(中略)リーチした人々に関してより正確に把握し、有料リーチとオーガニックリーチを一貫した方法で測定できるようになりました。リーチ数カウント基準の厳格化により、ページによってはリーチ数がアップデート前と比べ減少したように見える可能性があります。

あ、オーガニックリーチのカウント方法が変更になっていたのですね。

これまでは、読み込まれた情報のうち、画面表示されない投稿(スクロールをする前)もカウントされていましたが、今後は画面表示された投稿=実際にユーザーの目に触れた投稿だけをカウント、とのこと。もしや(というかほぼ)これが減少の要因では?合わせて「今後数か月は新基準での測定値に旧基準の測定値を併記して表示します」と、アナウンスされていたので、さっそく新旧のリーチ数を比較検証してみました。以下、手順を共有しますね。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201807.html

 

 

*∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**

 

7月26日(木)無料セミナー

「成功組と失敗組、多言語サイト制作の別れ道」を開催します。

お申込み受付中▶https://citrusjapan.co.jp/seminar/20180726/

 

*∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴**∴*

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]