コレだけでOK!常時SSL化するとき最低限チェックしておくべきこと

コレだけでOK!常時SSL化するとき最低限チェックしておくべきこと
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

7月ですね。暑いですね。
7月といえば、webサイトの常時SSL化、終わってますか?

Googleでは、2018年7月の終わり頃にリリースされるGoogle Chromeの新バージョン「Chrome68」から、http接続のページは「保護されていません」と警告表示されることが決まっています。

Chromeのシークレットウインドウでは既にこれが実装されており、http接続のサイトを開くとこのように警告されます。

一体何をしたらいいの……?と考えていたら、なかなか対応できないといったこともあると思います。このコラムでは「コレさえ抑えておけば、とりあえずはOK!」というポイントをご紹介します。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]