「働き方改革によりWebアクセス時間に変化。求められる対応とは?」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私のコラムがディーアイエスソリューションに掲載されました。

興味がある方はご覧ください。

###
このコラムを掲載いただいているディーアイエスソリューション「SI事例サイト」の時間別アクセスを調べる機会がありました。そこで興味深かったのが、今年と前年では、8時以降にアクセスする数が減少しているのがわかります。(濃い青が3つから2つに減少しています)

政府主導の働き方改革はまだ完結してはいません。企業も取り組み中という段階だと思いますが、その影響が出始めているのだと感じています。8時以降の濃い青が1個っただけの話ではありますが、年間集計の分布図であり、この傾向は今後も続いていくのではないかと考えています。ゆくゆくはSI事例サイトのような企業向けのサイトでは夜8時以降のアクセスがかなり減るのではないかと考えています。

推測になりますが、この傾向が続いていくと、企業ユーザがなにか1件を調べる件数や時間が減少していくように思えます。そう思うのは、労働時間が減少するため、今までは「ここも調べていこう」という「遊び」がなくなり、必要な検索に限定していくと思われるからです。これは推測ではありますが、多分あたりです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/07/05/%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]