Notes移行”虎の巻” ― 決め手はNotes上の業務棚卸し

Infoteriaでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、Notes資産の移行方法をご提案します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 業務プラットフォームとして一時代を築き上げてきたIBM Notes/Domino(以下、Notes)。このNotesを新たな環境に移行する際に用いられるのがNotes移行ツールや関連ソリューションですが、実際にはイメージよりも簡単にはいかないようで。今回は、そんなNotes移行にまつわる現状を見ていきながら、Notes移行の考え方やNotes移行ツールの問題点、今取りうる最良の策について考えていきます。

  • 1.限界を迎える業務基盤としてのNotes
  • 2.Notesはやっぱり優秀…困難な単一プラットフォームへの移行
  • 3.手軽に移行できる!? Notes移行ツールに漂う幻想
  • 4.Notes移行が簡単にいかないワケ
  • 5.Notes移行を困難にする利用者側の視点
  • 6.数千万円かかるNotes移行、やるべきはBPRだ
  • 7.Notes移行に必要なソリューションとは?
  • 8.Note移行の強い味方になるデータ連携ソリューション

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/20180410/30833.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]