BtoB専用ECサイト構築ASPで初! レスポンシブWebデザイン対応を開始いたしました。

BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」にてレスポンシブ対応を4月23日より順次開始いたします。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社 Dai(本社:京都市下京区、代表取締役:木脇和政)は、BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」にてレスポンシブ対応を4月23日より順次開始いたします。BtoB専用ECサイト構築ASPとして初めてレスポンシブWebデザイン採用となります。

【なぜいま“レスポンシブ”なのか?】
企業間取引においてもIT化が進み、業界によってはFAXでの受注がほとんど見受けられないケースも出てきました。業務にタブレット端末を用いる光景も珍しくなく、場所を選ばない受発注業務が求められています。そんな要望にいち早く対応し、受発注業務のさらなる効率化を目指すために採用したのがレスポンシブWebデザインです。 
【レスポンシブWebデザインで実現できること】
ECサイトにてレスポンシブWebデザインを導入した場合のメリットは大きく分けて3つあります。

1,デバイスを選ばず、外出先でも受発注業務が可能
PCだけでなく、より持ち運びに便利なスマートフォンやタブレット端末でもご利用いただけるため、
場所を選ばずに受発注業務を行えるだけでなく、デザインが統一されるので、ブランドとしてのイメージが
作りやすくなります。

2,ワンソース管理により業務の効率化につながる
ECサイトでネックとなるのはやはり更新作業が多いことです。商品の仕入れや在庫管理など
日常的に作業が発生します。そんななか、PCサイトとスマートフォンサイト2つ持っていたら
2つとも作業を行わないといけないので時間が掛かってしまいます。レスポンシブ化することで、
1つのファイル・ソースを更新するだけでサイトの更新作業が完了できるため、大幅な業務効率化に繋がります。

3,SEO対策として有効
Googleは、サイトの構築手法の一つとしてレスポンシブWebデザインを推奨しており、
2018年の3月にはモバイル ファースト インデックスの開始を発表しました。
スマートフォン画面の最適化が重要視されているため、レスポンシブWebデザインの導入はSEO対策として有効です。

--------------------------------

■Bカート:https://bcart.jp/

BtoB EC・Web受発注システムの「Bカート」。
BtoB専用だから、BtoC向けのショッピングカートシステムでは対応が難しい複雑な取引条件やシステム要件にも対応し、システムのスクラッチ開発・カスタマイズではネックとなる開発コストや納期といったリスクも、クラウド型サービスだから最小に抑えることができます。

■株式会社Dai
代表取締役:木脇 和政
所在地:京都府京都市下京区二帖半敷町646 ダイマルヤ四条烏丸ビル5F
設立:平成6年9月1日
URL:https://dai.co.jp

■プレスリリースに関するお問い合わせ先
B2BソリューションDiv :芦田
メール:info@bcart.jp

■サービスに関するお問合せ
Bカートサポートセンター
E-mail: support@bcart.jp
TEL: 050-3188-1110
 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]