紙媒体の制作/印刷における事故を防ぐには?〜vol.2〜

※このシリーズでは、印刷事故防止の取り組みや施策についてご紹介しています。
 前回記事はこちら

2020オリンピックイヤーの影響を受けてでしょうか、日英+中国語、韓国語、アラビア語、タイ語、、、街中のさまざまな場所で、多言語併記で書かれた案内板やパンフレットを目にする機会が増えてきました。このページをご覧のみなさまの中にも、外国人向けの制作物に携わった経験のある方は多くいらっしゃると思いますが、日英以外の言語―第三言語の翻訳校正やチェック、どのように対応されていますか?

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201801.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]