WordPressで勝手に作られる不要なコードやページを削除する方法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

Web制作の知識がなくても、本格的なサイトが手軽に作れるWordPress。この記事をお読みの方の中にも、お使いの方がいるのではないでしょうか。管理画面から記事を投稿するだけで自動でページが作られて便利な反面、知らないところでコードやページが生成されていることがあります。

そこで、WordPressサイトを持っているならぜひ確認しておきたい、WordPress で勝手に作られる「不要なもの」をご紹介したいと思います。
 

ソースコード編

主に<head>内に勝手に生成されるコード。
もちろん表には見えないですし、入れておいても問題はないのですが・・・。個人的には、いざソースを見ると変なコードばっかりでうんざりするので、不要なものは消してすっきりさせておきたい派です。もちろんいらないコードを省くことで無駄な読み込みを減らせます。(ただし減っても数KBくらいですが)

window._wpemojiSettings から始まるJavaScript&CSS

・・・・

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w006_201801.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]