その手振り、大丈夫ですか?~国による捉え方の違い~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

コミュニケーションという行為には、文化によって話している人に対する態度が違うことがあります。人同士が顔をあわせてコミュニケーションをとる時は、話すのはもちろん、体の姿勢、顔の表情、そして手の振り方等を通じて色々なメッセージを伝えます。

例えば日本では、話している人の話を聞いているよの合図として、聞きながら「頷くこと」によって尊敬を示します。但し西洋人は頷くより、「目をあわせながら」聞くのが重視されています。今回は、それぞれの国の手振りの違いについて話したいと思います。コーポレートウエブサイトに載せる自分の写真を決める時等、いくつか重視しないといけないところがあります。

 

招く合図
日本では、招く合図を考えると、間違いなく「招き猫」が浮かびますね。手のひらを床に向けて、指をあわせて動かせる手振り。西洋では「どいて!」という意味で捉えてしまいます。西洋での「こっちおいで!」は、写真のように(手のひらが空を向いていて)表します。

 

Vサイン
元々Victory(勝利)の頭文字を表すように用いられる手振りですが、

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l008_201711.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]