ライオンの地域に適応するマーケティング ~マーケティングカンファレンス2017~

ライオン株式会社取締役上席執行役員榊原健郎氏の「日用消費財メーカーにおける国内事業戦略の方向性」というテーマの基調講演についてです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

オリジナル記事は下記からご覧ください。

ライオンの地域に適応するマーケティング ~マーケティングカンファレンス2017~

2017年10月22日(日)に日本マーケティング学会が主催する「マーケティングカンファレンス2017」に参加してきました。今後、数回に分けてカンファレンスで参加したセッションの内容をこの「マーケの強化書」にアップしていく予定ですのでお楽しみに!学会のカンファレンスなので学術的な内容をわかりやすく説明するように努めたつもりですが、難しく感じてしまう部分もあるかもしれませんがご容赦ください。

まず今回書かせていただいたのは、ライオン株式会社取締役上席執行役員榊原健郎氏の「日用消費財メーカーにおける国内事業戦略の方向性」というテーマの基調講演についてです。この講演は、国内人口減少・市場成熟化・価値観の多様化に直面したナショナルブランドが国内市場でどのように戦うことが出来るのか?特に『国内の各地域毎にどうローカライズするのか?』というテーマで開催されました。ローカライズというのは、各地域毎に施策を変え、各地域の特性に適応した施策を実施することですが、ライオンでは、各地域毎にコミュニケーションの内容を変えることで成果を上げた事例を紹介しました。

日本は、諸外国と比べると地域差がないと言われますが、各地域によってニーズや考え方が異なることはよく知られています。例えば、世帯当たりの貯蓄額は東京と沖縄では3倍以上の違いがあるし、世帯当たりのタクシー代支出では、1位の長崎県は群馬県の数倍もの違いがあったりします。市場が縮小していく中でこのような地域ごとの違いに適応していくことは、シェアを伸ばすための1つの方法になり得ます。

講演は、国内市場の現状を整理した上で、ライオンはどのような戦略を取っているのか?そして、具体的な事例(中国・四国地域で実施したコミュニケーション施策の事例)の説明という流れで進みました。

この記事の続きはこちらからご覧ください。

 

マーケの強化書とは

マーケの強化書」は、株式会社ジェネシスコミュニケーションのコンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」をお伝えすることを目的とした自社メディアです。ジェネシスの仕事の考え方・取り組み方についてお伝えしていきます。

●「コンサルタントのコラム」
コンサルタントが「マーケティングの実践的ノウハウ」について毎月執筆しています。
●「マーケ担当者インタビュー」
企業のマーケティング担当者にマーケティングの取り組みについて定期的にインタビューしています。
●「強化ワークシート」
マーケティングの会議や企画で使える便利な資料を継続的に提供しています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]